ニキビを治したい!ニキビ治療に有効な成分とは?

ニキビを治すのに有効な成分ってなんだろう?って考えている人って多いと思います。多くの人たちが抱えているのがニキビによって引き起こる様々なお肌の悩みやトラブル。症状の軽い些細なものから、治るのに時間がかかりそうな難しいものまで、直面する問題は千差万別ですが、できれば適切なケアで早めに対処しておきたいところです。

 

しかし、ニキビを治すのに『間違ったケアをすることによってさらに悪化してしまうのが怖い!』 『対策をするのならちゃんと効果があるものにチャレンジしたい!』そう考えている方も多いでしょう。そもそもニキビを治すのに有効な成分とはいったい何なのか、正しい化粧水選びや食生活の改善などによってお肌の状態も充分良い方向へと進んでいくことが期待できますので、自分に合った方法をよく調べてみましょう。

 

そもそもニキビを治療するよりも、なるべくニキビにならないようにする方が大事だと思います。ニキビになってから治すのって結構痛いし、痕が残ったりします。だから出来ればならないような対策をする事も大事だと思います。

 

 

洗顔

 

ニキビを治すのに有効なケアをすることももちろん大切なのですが、まずは今やっている洗顔の方法を見直してみることからはじめてみてはいかがでしょう。自分のお肌と相性の良い洗顔料を使用しているか、そもそも洗顔をしている回数は多すぎないか、間違った洗顔をしていないかなど、確認できるポイントが幾つかあります。

 

洗顔の回数は1日2回までが良いとされています。洗顔のやりすぎは乾燥や皮脂が増えてしまう原因です。普通の石鹸等で洗顔をしすぎると、逆にニキビができやすいお肌になってしまうので気をつけましょう。

 

 

洗顔をする際は熱すぎないぬるま湯で顔をすすぎ、できれば専用の泡立てネットなどで洗顔料をしっかりと泡立て、作った泡を顔に乗せたあとは優しくマッサージするように洗いましょう。

 

ゴシゴシとこするように洗うのは逆効果になってしまいますので気をつけましょう。そして、シャワー一気に流すのではなく、洗面器などにぬるま湯を溜めて、手で少しずつ洗い流していきましょう、この時に泡のすすぎ残しがないように注意してください。

 

 

化粧水など

 

化粧水ですが、やはり保湿はニキビケアにとって大切なものです。しかも化粧水には有効な成分であるビタミンC誘導体やクエン酸、ヒアルロン酸や酵母エキスなど抗酸化作用が配合されているものがありますので、ぜひ活用していきましょう。

 

特にビタミンC誘導体はお肌に浸透させたあと体内に入ってビタミンCへと変身、アクネ菌の繁殖をブロックし、しっかりとした抗酸化作用で毛穴における角栓の酸化を抑えてくれるという優れた成分ですので非常におすすめです。

 

また、敏感肌、脂性肌や乾燥肌、混合肌と、人それぞれの肌質がありますので、自分の肌質の特徴を把握し、それに合った化粧水を選びましょう。困った時には美容皮膚科や化粧品売り場などで肌質に関するカウンセリングを受けてみるのも良いですね。

 

 

食べ物

 

こんどは食生活の面からニキビを治すのに有効な成分を見ていきましょう。そもそも食事で肌のトラブルは改善されるのかと疑問に思うかもしれませんが、やはり体の内側からの対処や予防はとても有効とされています。

 

ニキビを治すのに基本的に大切なのは低カロリーで脂質の少ないものを食べるのが良いそうです。皮脂の分泌が多くなってしまう脂肪分の多い食事は少しずつ控えましょう。さらに糖分の摂りすぎ皮脂の分泌を過剰にさせてしまうため、要注意です。

 

 

ニキビを治すのに、積極的に摂取したほうがいいのがキノコです!

 

実は、キノコにはニキビ対策に有効な栄養素がたくさん含まれることがわかっています。特に、キノコに多く含まれるベータ・グルカンという成分は免疫細胞や、コラーゲンなどを作っている繊維芽細胞などを活性化させると言われており、お肌トラブルの頼もしい味方としては欠かせません。

 

他にも細胞の中にとどまり活性化を促進させてくれるビタミンEや、体内の毒素を排出したり血管をキレイにしてくれるデトックス効果も期待できるキノコの繊維質も見逃せません。キノコは食生活におけるニキビケアでの万能選手なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク集